You are viewing thumb_poems

Previous 30

Apr. 8th, 2010

タイトル:誕生日のパーティー



物語:誕生日のパーティーで南森町の居酒屋に遊びに行った。先生から大お勧めなぶらっぺに行きました。信太郎(仲良く君)とあさみと
ハッタンとみやもととぼうチャンおめでとうでまとめていました。今度はアーサーは遅刻しなかった。日本人の方は遅れて来ました。(アー サー:1点/日本:0)ハッタンは久しぶり会いました。前に会ったとき目怪我の原因キックボクシング引退したけど、今頃また することにしました。あさみいつもように元気します。みやもとさんはサラリーマンのでごちそうしました(笑)。ぼうチャンは前の日夜 明けしてちょっと寝てまたパーティーしました。パーティー力が素晴らしい。みんなさんは尊敬します。信太郎はいつものように元気の魂 がupにさせました!食べ物が全て美味しかった特にブロッコリーとエビです。今度の誕生日パーティーは本当に良かったです。来 てくれた友達にありがとうと伝えて頂きます。

Apr. 7th, 2010

タイトル:グラウチェスターシャイアー・チーズ・ローリング



物語:イングランドのグラウチェスターシャイアーで奇抜なイベントが行なわれています。丘の上から円いチーズを転がせてそれをみんなで追いかけてだれがチーズをキャッチ出来るか競うイベントです。人々は一斉に転がったり他の人とぶつかったりと見事な光景です。見るべきです。

Mar. 6th, 2010

タイトル:小見君へのお見送りプレゼントです。



物語:数ヶ月先生に教えて頂きました。でも今月東京へ引っ越されるので感謝の気持ちでプレゼントを差し上げました。写真でそのアクセサリーが見れます。アクセサリーは義理の弟の手作りです。それから宝石よりも価値があります。

Mar. 4th, 2010

タイトル:夕べのライブは良かった



物語:先週サンスイと言うライブハウスでノスタル人のライブを見た。水曜日ので人が少なかったですが、かえって雰囲気が良かったです。入場料でサングリアとご飯を(オムレツライス)味わいながら爽やかな音楽を聞いた。心地良い夕べを過ごした。

Mar. 2nd, 2010

タイトル:アメリカ西部への開拓



物語:アメリカの開拓者は1860年から西へ向かった。何千kmの旅のために特別な馬車を使った。馬車の上を幌で被っていた。そしてこの幌馬車は車輪の付いた家のようになった。草原を渡るとき厳しい太陽の光線を防ぐし、風からもかくまってくれる。西へ出掛けるとき荷物を一杯積みこむ。時間が経つにつれて旅の厳しいに気が付いた。必要がない物はあっさりと捨てられた。ピアノや本棚など先祖伝来の家財さえ野原に置去りにしていった。今でも馬車の車輪の跡がかすかに見えて開拓者達の生きぎまをありありとみんなの心に描く(目に見えるようにする)。

Feb. 22nd, 2010

SNOWBOARDING!



昨日スノーボードが凄く楽しかった。空がまだ暗い6時に起きてバス停に出掛けた。気にかけたことがあった。チケットを忘れたと思った。旅行会社から書類を もらった。その書類の中にチケットのような物があると思った。でも前の日チケットを全然見つけられなかった。その心配していることが考えながら寝た。次の 日問題なく進んでいた。始め下手だったけど段々上手くなった。帰るまでにまーまー出来るようになった。「Chris」はまた誘ってと言った。 「Chris」はサーフィンが上手です。世界中の色々な国で住んだことがあるのでタヒチ島などでサーフィンの経験がある。スノーボードを初めにけど天然の 才能で早く上手になった。昨日凄く楽しかった。来月の3月(8日の月曜日)にもう1度行くつもりです。

Feb. 11th, 2010

タイトル:タコ焼きパーティー!!!



先週の土曜日、何度も延期した「Underriver」の誕生日パーティーを行なった。信太郎と信太郎の彼女も来て「Underriver」の優しい彼女も連れて来た。パーティーの途中でロシアンルーレットのタコ焼きを作った。いくつかの中に美味しい鮪を入れて、残りの中にガムとか飴とか入れた。1週間経ったけど今でもくさい臭いが残っている。なかなか臭いがとれない。もうイヤー!

Feb. 9th, 2010

タイトル:奈良の専門学校のアーサーのクラス



物語:毎週金曜日は早く起きて奈良に行く電車に乗ります。奈良の景色が好き、それから1時間の通勤も好きです。灰色の大阪から離れれば離れるほど緑になります。

クラスの人数は40人以上です。英語だけでクラス全員に話すチャンスを与えなければいけません。だけど生徒は多いので無理です。1回の授業でスピーチを準備させて次の授業で一人1分ずつプレゼンテーションをさせます。少ないけど頑張ったら英語で話す力を得ることとが出来ます。

Feb. 4th, 2010

タイトル:Dino-Elk!



物語:ユタ州に住んでいる友達が狩りをした。彼(隣いるは彼のお父さんです)はライフルを撃つことが上手です。山奥に行って何発も撃って仕留めた大シカが大き過ぎたのでDino-Elk(Dino=dinosaur=恐竜ブラスElk=大ジカ)のニックネームが付いた。

Feb. 3rd, 2010

タイトル:インフルエンザ予防の可愛いスタイル



物語:インフルエンザの予防のは特にしなかった。でも世間では流行したらしく香港幼稚園も学級閉鎖された。上の写真は香港の幼稚園で撮られた写真だ。子供の予防マスク姿は超可愛い!!!

Feb. 2nd, 2010

タイトル:猫島



物語:韓国に住んでいる友達がブログで猫島のリポートを載せた。韓国と日本の両方に猫島がある。でも猫へのもてなし(待遇)はサッパリ違う。日本の猫達は島の人と平和的に暮らしている。でも韓国の島民達は野良猫を発見したらさっさと殺す。たがら猫達は影に潜んで怖がりながら住でいる。猫が大好きなので韓国の島民に納得出来ない。

Jan. 31st, 2010

タイトル:韓国での懐かしい気持ち



物語:上の写真はクリスマスの頃に撮った。ホテルは小道の裏にあった。一人でホテルに戻って次の日、日本に戻った。

Jan. 24th, 2010

タイトル:明けましておめでとうございます!



物語:皆さんhApPy nEw yEArです。夕方ゴミを捨てに行ったたときおかしな物を見つけた。ゴミ捨て場の前にクリスマス袋が置いたままです。袋の中にビールが9本入っていた。何の理由か気になる。むとんちゃくに捨ててあり、わざと置いているのか分からない。ホームレスへのプレゼントだと思う。誰にでも運のいい日がある。これをみつけたホームレスは元日から運がいい。

Jan. 23rd, 2010

タイトル:4年!!!!



物語:日本に来てもう4年半になる。大阪に初めてきつい日をハッキリ覚えている。韓国から日本へ出発の日、ギリギリに空港バスに乗った。バスの運転手はなぜか怒っていて小銭を返してくれなかった。しかし、バスには間に合ったのでありがたい感じだった。1時間後に日本の地を踏んだ。最初のアパートはオレンジハウスという外国人のためのアパートだ。オレンジハウスは古く汚いアパートだ。誇だらけた。でもオレンジハウスに3年住んでいた。

最初に来たとき重い荷物を何個も持っていた。引きずりながら少しずつアパートの方向に進んだ。荷物を半分持って150メートル進む。戻って残った半分をまた運んだ。でも4年もたった気がしない。様々な経験をして内容の濃い時間を過ごしている

Jan. 22nd, 2010

タイトル:神様からのメッセージ



物語:「thumb-poems」のホームページで神様の出現をリポートをよく載せてきた。神様は意外にコミュニケーションする。ある焼けたチーズサンドイッチにマリアさまのシルエット(影絵)かすんで見えた。またロサンゼルスの地下道ので漏れた水がマリアさまの姿を見えた。また別の記事でナスのメッセージを報告した。ナスを切った断面に種で「GOD」のような文字を書かれていた。最近もう一つの神様からのメッセージを見つけた。今度のメッセージは卵の皮に現われていた。十字架がはっきり見える。はっきり見えるけど神様のメッセージかどうか微妙だ。

Jan. 21st, 2010

タイトル:ハロウィンの絵!



物語:ある生徒さんが描いた絵だ。ハロウィンのときゲームをした。サイコロを振って目の数で決める。腕と足と頭の数をサイコロで決めた。子供の感性が意外と素晴らしい。

Jan. 20th, 2010

タイトル:ソウルのアパートからの眺め



物語:韓国に住んでいた時撮った写真だ。写真から山とソウルタワーが見える。窓があちこち汚れているのも見れる。ソウルの空気は良くないので建物の壁なすぐ汚れる。

Jan. 7th, 2010

タイトル:重要文化財の見学



物語:芦屋川の英会話スクールへ毎週土曜日通っている。芦屋川の景色は以外と素晴らしいです。道を歩きながら鮮やかな山を眺める。ある日森の中にビルを見つけた。建築のスタイルがフランク・ロイド・ライトのスタイルに似ていると思った。ビルは遠くの丘にあったけどフランク・ロイド・ライトの独特のスタイルだということがハッキリ分かった。さすがに家に戻ってインターネットで検索するとフランク・ロイド・ライトのヨドコウ迎賓館をだということが分かった。



それから何週間か後にスクールの上司と一緒に行った。ヨドコウ迎賓館には特色すべきポイントが色々ある。先ず迎賓館は有機的に造られている。家の材料は全て日本で調達した物だから家は丘と森に混ざり合っている。



次に細かいところまでデザインされている。
照明ソケットまでデザインされている。他のフランク・ロイド・ライトの建築物は食卓用の器具もデザインされているけどヨドコウ迎賓館ではそれらを見かけなかった。最後にこの建物はクエーカー教徒(17世紀の中頃,キリスト教の一派)の影響をうけているのをみることが出来る。単純で直角多いデザインで見ることが出来る。フランク・ロイド・ライトは精神的な部分からデサインを考え始めるので精神的になごむ建物が出来る。だから彼の家に入る時、教会の雰囲気がします

Jan. 6th, 2010

タイトル:神様からのメッセージ



物語:「thumb-poems」のホームページでは色々な物に乗り移って現われた現象についてのリポートをよく載せてきた。神様は意外とでコミュニケーションする。ある焼けたチーズサンドイッチでマグダラのマリアのシルエット(影絵)かすんで見える。もう一つのロサンゼルスの地下道で漏れるのでマグダラのマリアのイメージを塗った。もう一つの記事でナスのメッセージを報告した。ナスを切って上げて種で「GOD」のような文字を書かれていた。最近もう一つの神様からの印を見つけた。今度のメッセージは卵の皮で現われていた。十字架がはっきり見える。はっきり見えるけど神様のメッセージが微妙だ。

Jan. 5th, 2010

タイトル:チラシに乗ったアーサーの姿



物語:毎年高槻で行なわれているマラソン大会にアーサーは2回で出場した。このマラソンの好きな理由は苦しけど面白いからです。平らなコースじゃなくてクロースカントリーのコースです。丘に登るとまがりくねっている道が下へ続いている。大変だけど終わったとき達成があります。今年のチラシにアーサーの姿が見えた。右の奴はハッキリアーサーです。


Jan. 4th, 2010

タイトル:パパイヤの性の判別



物語:パパイヤの性の判別をすることは大事なことです。最近パパイヤの性別が研究の対象になっている。現在イリノイ州立大学ではパパイヤの性別を調整する為の研究が行われている。パパイヤの性別は3つある:雄;雌;両性です。両性の株だけが美味しい果実を実らせます。雄と雌の株から出来る果実は美味しくありません。だから栽培者はこれらの株を処分してしまいます。パパイヤは成長する段階で性別を判断することが出来ます。研究者はパパイヤの遺伝子をいじって両性の株を造ろうとしている。

人間の歴史は大昔から自然を操作して支配してきた。バナナや米などもたくさん品質改良してきた。でも植物の性別を変えることなど聞いたことがない。

Jan. 3rd, 2010

タイトル:古典的なサーフィン!



物語:サーフィンは元々ハワイからのスポーツですが原住民の使っていたサーフィンボードと現在のやつとは違う。最近のボードはプラスチックで出来ていて空気力学でデザインされている。昔のサーフィンボードの重さは意外に重い。アマチュアは無理だと思うけど熟練者なら新鮮で自然な感触を味わうことが見出来るだろう。

Jan. 2nd, 2010

タイトル:ミッション使命 no.3



物語:ある人から1ヶ月間、毎日ミッションをもらうことになった。彼は毎日地下のシェルターからミッションを出す。そのミッションのいたずらがひどい場合はやらなくでもよい約束だ。ひどいいたずらはするつもりはない。今日のミッションは、シャワー禁止と髭そり禁止ともう一つは見ず知らずの相手に電話をかけてお勧めの映画を聞くことだ。さっそくある会社に電話をかけてみた。お勧めの映画はなんですかと聞いてもモシモシとしか答えがない。聞き返しても同じでモシモシとしか答えてくれない。ようするに相手はなんのことがわからない。それで良かった。映画は好きじゃないから。

Jan. 1st, 2010

タイトル:サソリと会う経験



物語:今まで、サソリを何回か見たことがある。ある日、ポスターを貼る時にポスターの裏に何か物があるのにきが付いた。チェックしたら乾燥したサソリだった。もし、そのやつが死んでなければアーサーはひどい怪我を負うことになっただろう。

2回目にサソリを見たのはグアテマラだった。その時のサソリは大きかった。小動物ぐらいのサイズだった。孤児院の為のボランティアをしていたときコンクリートブロックの中で見つけた。そのブロックの中で大きな真っ黒のサソリが静かに寝ていた。同じブロックの隣りの穴には蛇がとぐろを巻いていた。それを見た時今日はもう危険な生き物はもう見たくないと思った。

Dec. 29th, 2009

タイトル:ソウルのアパートからの眺め



物語:韓国に住んでいた時撮った写真だ。写真から山とソウルタワーが見える。窓があちこち汚れているのも見れる。ソウルの空気は良くないので建物の壁なすぐ汚れる。

Dec. 26th, 2009

タイトル:ハロウィンのライブ 写真帳

物語:ハロウィンのライブで誰かがイベントの出来事を写真で撮った。下に写真を何枚かを載せました:






Dec. 25th, 2009

タイトル:卒業証




物語:2年間かけて「Temple」大学院を卒業した。何千時間と何千ドルを費やしてようやく30cmx50cmの紙をもらいました。君も何千時間と何千ドルを費やせばそのような紙をもらうことが出来る。

Dec. 24th, 2009

タイトル:ホームレスのリポート



物語:以前天王寺プールにいたホームレスは最近見掛けない。何週間も彼の指定席は空いていたけど昨日新しいホームレスがやってきた。前のホームレスは静かに寝てひかえめな態度を守っていた。だけど今のホームレスは我が家のように振る舞う。今日トイレの中で靴下を洗っていた。このホームレスの新しいニュースがあればホームページでレポートします。

Dec. 20th, 2009

タイトル:懐かしい

物語:難波の辺りを自転車で走っていた時に銃の店を見掛けた。少し懐かしい気持ちが浮かんできた。テキサスには銃の店が一杯ある。だから日本で上の写真のような店を見て少し懐かしい。(でも少しだけ、ネズミのふんほどです)。

Dec. 19th, 2009

タイトル:CLBのライブ!

物語:今回のライブは間に合ったので良かった。いつもライブが終わる頃に着く習慣がある。でも今度は模範的な生徒のようにぴったりと着いた。ライブは良かった。ひさびさに友達と会った。いいロックを聞いた。

Previous 30